行政保健師の給料・年収

行政保健師の給料・年収

行政保健師は地方公務員になりますから、その年収や待遇も地方公務員に準じたものとなります。各種手当や福利厚生も、その自治体の規定が用いられることになるでしょう。

 

そのため、行政保健師の方の給料はかなり安定しているといえます。ただ、医療分野に従事する他の業種に比べると相対的に多いとはいえません。

 

医者や薬剤師は保健師よりも年収が高いのが一般的な相場で、看護師の方も勤務場所や働き方によっては保健師より給料が高くなります。看護師の方にもいろいろあって、派遣などで働く方もいれば大手・大学病院・国立病院などで勤務する方もいらっしゃいます。

 

ベース賃金が高い医療機関で、なおかつ残業や夜勤などをこなしている看護師であれば保健師以上の年収となって当たり前かもしれません。行政保健師の方は残業することはありますが、看護師のように夜勤にあたることはあまり考えられません。

 

保健師の方にも企業保健師・学校保健師という選択肢がありますが、賃金や待遇ではこの行政保健師が一番上ということになるでしょう。
特に民間と違うところは、ボーナスや各種手当が安定しているというところです。民間であれば業績不振や不況、その他の状況で削られたり減額となることが多いですが公務員はこの点が安定しています。

 

もちろん、多くの保健師の方が一番仕事において重要視するのは待遇よりも仕事の内容ではないかと思います。行政保健師・企業保健師・学校保健師とそれぞれ求められる役割や仕事の内容は微妙な違いを見せます。

 

健康相談や健康指導を業務の中心にしたいと考えている方は、行政保健師よりも企業保健師・学校保健師のほうが適任といえるかもしれません。行政保健師の方の場合、普通に役所勤めとなることも十分考えられるためです。

 

ただし、行政保健師が一番広く地域の健康向上に役立てるということは間違いありません。やるべきことも母子福祉から高齢者福祉、そして疫病対策とたくさんあり、今後も世の中の動きに合わせていろいろな取り組みが求められるでしょう。

 

そうした中で自分の力を発揮したいという気持ちがある方は、是非行政保健師として活躍していただきたいと思います。
保健所・保健センターでは常勤保健師の他に非常勤の保健師も募集していることが多く、こうしたところに転職できる可能性もあります。

 

通常のアルバイト・パートなどに比べて保健師の仕事は時給が高めですから、一度職を離れた主婦の方でも保健師の資格があれば狙い目となります。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む