行政保健師の仕事内容

行政保健師の仕事内容

行政保健師は仕事範囲が非常に広く、取り組むべき課題は山積みの状態です。平均寿命が長くなり現在日本は世界一、医療技術も非常に進歩している状況ですが保健師の仕事が決して減ることはありません。

 

むしろ平均寿命が長くなったことで、高齢化に対応するための老人福祉という仕事が非常に重要性を増しています。保健師の方も、依然に増してこの分野への取り組みを強く求められています。

 

他にも、現在は子どもを育てるのが非常にたいへんな社会と言われています。共働きで働いている家庭も多くなっていますし、地域同士のつながりや親戚が子どもの面倒を見るということが減っていることも影響を与えています。保育所の整備も求められていますが、保健師の方の家庭訪問や支援も地域の子育てで大きな役割を果たすことは間違いありません。

 

妊婦さんへの支援も、保健師さんの中心的な仕事の1つです。定期的な健診はもちろん、子どもを産んだ後も家庭で上手に子育てができるよう指導を行ったりします。

 

このように非常に多くの範囲で行政保健師さんは働かなくてはいけないので、配属される場所も保健所ばかりとは限りません。保健所・保健センターはもちろん、本庁勤務で活躍している方も多数いらっしゃいます。

 

人事異動で、これらの機関を複数経験することもあるでしょう。本庁では直接地域住民と接する機会が得られないかもしれませんが、本庁の仕事も地域の健康増進にとって欠かせない大切な仕事です。

 

具体的な仕事内容としては、特定健康診査・特定健康指導・感染症対策・看護予防・乳幼児健診といったものがあげられます。
どれも大切な役割ですし、保健所以外の機関との連携も強く求められる仕事ばかりです。保健師の方は地域の医療・福祉に関わるチームの一員として、チームプレイに徹する意識も強く求められます。

 

行政保健師の方が接する住民の方は、健康で悩みを抱えている方や妊娠して不安を感じている方、福祉制度についてよくわからない方など様々です。
相談は相手の気持ちにたって受けなければいけませんし、どんな方にもわかりやすく説明を行っていくことも求められます。子育てなどについては、年上のお母さんに対して指導を行っていくこともあるため決して楽な仕事とはならないはずです。

 

相手の反応が悪ければ、それが大きなストレスとなることもあります。メンタルケアについても取り組む保健師さんですが、自らのストレスについても上手にマネジメントしていくことが大切ですよ。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む