企業保健師の仕事内容

企業保健師の仕事内容

企業保健師の方は、企業に直接雇ってもらい健康・衛生に関する様々な仕事を執り行います。
企業にはすでに福利厚生に携わる部署・従業員の健康診断などを行う部署などあると思います。また、デスクワークだけでなく何らかの作業を行う職場であればその安全・労災予防に関する部課も備わっているはずです。企業保健師の方はそうした部署と連携を行い、毎日従業員の方が健康に・安全に仕事を行えるように努めていきます。

 

企業保健師の方が企業の中で求められる役割は、企業によって異なってくると思います。企業には法律によって、またその企業独自の安全管理・健康管理のために安全衛生管理の体制を整えています。

 

その中には法律上の「安全衛生委員会」や「健康診断」などが含まれているでしょう。安全衛生委員会で企業の各部署に適切なアドバイスを行う、企業の中で災害が発生する可能性のある箇所を改善していくといったことが保健師の役目となることもあります。

 

健康診断についても、保健師以外の方が申し込みや手続き、書類のまとめを行う場合もあればそれが全て保健師の方に委ねられることがあるでしょう。

 

恐らくほぼすべての企業保健師に求められているであろうことは、従業員個々人への健康相談や健康指導になってくると思います。
一昔前までは個人の問題として取り上げられていた生活習慣病ですが、現在は会社が従業員の健康管理に積極的に介入することが当たり前です。とはいえ素人である上司が部下に生活指導・健康指導をするわけにはいきません。そのため、生活習慣病のおそれがある従業員には保健師の方が指導を行っていくことになります。

 

また、従業員のメンタルケアも保健師の方が会社と一体になって取り組むべき重要な課題です。
保健師の方が直接仕事を見て、従業員のストレス対策にあたることまでは難しいでしょう。そのかわり管理職にあたる人々にメンタルケアについて説明を行い、部下にストレスをできるだけ与えないようにすることを求めることはできます。うつ病の兆候などについても企業と一緒に理解をしておき、問題が発生する前に手を打つことも重要です。

 

時には産業医や外部の医療機関と連携をとり、うつ病による自殺・能率ダウンなどを防がなくてはいけません。

 

従業員の健康管理という、非常にやりがいのある仕事をしてみたいという保健師の方は転職サイトでその仕事を探すことができます。求人が非公開で出されることもあるため、情報をできるだけ得たいのであれば登録をおすすめいたします。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む